お金を貸す人が不安にならないようにするべき。

私はお金を借りることには基本的に抵抗があります。人に貸すのも、そんなにいい気分はしません。

借りるのが嫌いなのは、お金を借りることで借りた相手に申し訳なく思ってしまうからです。

借りたのそ日のうちに返すことが出来ればまだ良いかもしれませんが、 日が経つにつれ、私にお金を貸した人も心配になるだろうし、しかも催促するのも嫌だろうし、「もしかして忘れられているのでは」と思っても私に聴きづらいと思います。

そのような気兼ねを相手にさせてしまうと思うと申し訳なくて、借りる気にはなれません。

私の場合、飲み会の時などにどうしても手持ちだけでは足りない時は、走ってでもお金をおろしに行くか、その場だけで立て替えてもらい、その日のうちにコンビニ等でおろして相手に返します。

私にとって借金は基本的に良くないことですが、相手との関係がそれなりに近く(会って間もない人からの借金は無しです)、信頼関係が成り立っている、そしてその相手と頻繁に会う予定がある場合のみ、まだ許せるかと思います。

しかし、相手が普段あまり会わない人で返金をすぐに出来ない場合は、相手を不安にさせてしまうので、借りるべきではないでしょう。すぐに借りれるお金は、すぐに返さないといけないのです。(すぐに借りれる

また、借金の理由が一時的な手持ち不足では無く、本当に預金が少なくて生活に困っているためだったり、自分の欲しいものを手に入れるため等では、更に相手が心配してしまいます。

もしかしたら縁を切られてしまうかもしれません。なので、借金するなら即返金出来ること、なるべく自分勝手な理由では無いことが条件だと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA